あたしは昔からとっくり体を動かすことは大切だとおもいます。ですから愛する子供にもスポーツをさせている。戦いや学校ばっかりまずは案の定育成は正しくないですからね

今日は2年代の赤ん坊の体操スクールをめぐってきました。
ヨーイドン!の成長で、マミーがポイント側にいて離れてしまっても、自らスタート地点で迎えることができました。
笛の合図で駆けるという慣習がそれほどわかっていないみたいでしたが、周りのお友達が走ったのを真似してスタートしていました。
僅かな距離でしたが、力一杯走ることができ、誠に気持ちよさそうでした。
出先では芝生ものの転んでも相応しいようなところでは走らせていますが、靴を履いているのって裸足とではほとんど異なりました。
サーキットでは、跳び箱をよじ登って高いところからジャンプをしました。
鉄棒にぶら下がり、度合卓を通ってフラフープの道でジャンプで向上!自分の赤ん坊ながら、わりと実行逆鱗がいいんだなーと思いました。
2周瞳では、跳び箱に左足からよじ登り、3周瞳では最初と同じく右足からよじ登り、いずれ利きなのかわかりません。
そういえば、箸やフォークも両方で持ちます。
毎日ではどうしても体験できないようなところで、新たな発見があっておもしろかっただ。

やってみたシリーズ!生まれ変わり

コンタクトレンズをかけていた女の子が、コンタクトレンズに変更するという意外に華麗だったは少女マンガの馴染だ。
私もこんな嬉しい変貌を夢見ていましたが、私の場合はコンタクトレンズからコンタクトレンズとしても形相が劇的に可愛く陥るということはありませんでした。
いよいよコンタクトレンズをかけたのは初等学校5年生のときで、その後コンタクトレンズ女の子でしたが、ようやくコンタクトレンズに変えたのはハイスクール一年生のときだ。
あんな私も、コンタクトレンズを嫌ってコンタクトレンズを通していましたが、実績して日帰り8時間も9時間もPCにかじりついて仕事をしている間にコンタクトレンズ特有のドライに疲れてしまったのでした。
次いでいつの頃からかまたコンタクトレンズをかけるようになったのですが、きのうそのコンタクトレンズが壊れてしまったのです。
次いで仕方なく、また今日から冠婚葬祭用のコンタクトレンズを久しぶりに装着して出勤しました。
「あれー?コンタクトレンズは?誰かと思ったよ」と個々から口々に言われて、なんだかようやくコンタクトレンズを垂らした高校の頃に戻ったような内心になりました。

やったぜ!はっちゃくだよーー

眼鏡をかけていた奥様が、レンズに変更するといった意外に華麗だったは少女漫画のお決まりだ。
私もそんなうれしい変貌を夢見ていましたが、私の場合は眼鏡からレンズとしても面持が劇的に美しく罹るということはありませんでした。
やっと眼鏡をかけたのは小学校5年生のときで、その後眼鏡奥様でしたが、はじめてレンズに変えたのはハイスクールはじめ年生のときだ。
あんな私も、眼鏡を嫌ってレンズを通じていましたが、取り入れして毎日8時間も9時間も端末にかじりついて仕事をしている間にレンズ特有のカサカサに疲れてしまったのでした。
なのでいつの頃からかまた眼鏡をかけるようになったのですが、前日その眼鏡が壊れてしまったのです。
なので仕方なく、また今日から冠婚葬祭用のレンズを久しぶりに装着して出勤しました。
「あれー?眼鏡は?誰かと思ったよ」という友人から口々に言われて、まさにはじめてレンズを押し付けた高校の頃に戻ったような心情になりました。

ベルリアンの評判

今日凄い寒くないですか?私も本当にアパレルを引き渡しなければとしていらっしゃる。ただ起きたときはなかなか寒いですね。寝ているときはいいのですが、起きると布団から出たくありません。

朝が寒くてどうも布団から出られません。
タイマーで暖房を入れておけば、清々しく目が覚めるかと思ったら、逆に暖かくていつも目が覚める時間に起きずにそのまま眠り続けてしまい、今日は寝坊しました。
たぶん、普段は寒さで視線が覚めてるんでしょうね。
夏期は夏期で暑さで目が覚めて、汗かいてるから一気にシャワー浴びたくて、割と楽に起きられてたんですけどね。
寒いって言うのはそれだけで流れも意思も鈍くなって困ります。
寒いバス舞台でシャワーなんて、考えただけでも寒いだ。
少なくとも起きたところ淹れたてのコーヒーがあれば良いんですけどね。
可愛い香料につられて自然に起き上がれそうな気がします。
そんなふうに決まった時間にコーヒーを入れてもらえるコーヒー器具って売ってませんでした?インスタントコーヒーの素をセットしておく器具は持ってるんですけど、タイマーは欠けるんですよね。
無いなら作ってみようかとも思ってますが、器具の中身をいじるアビリティーは無いので外側から勧めるって感じになりそうですね。
やむを得ずカップをセットしておいて、ひとときが来たらチェンジを圧すっていう仕組を作ればいいんですよ。
ふと考えてみます。

寒空の中がんばります

はじめまして。
今年もハロインのシーズンがやってきましたね皆さんはハロインをどのように堪能ですか?周辺と仮装集まり? ファミリーとジャックオランタン開発?あたいが本日いるスウェーデンけれども、この時期になると通り収支がハロイン用になります。
通りからちょい近郊へドライブするって、カボチャで面オレンジになった畑が何個も現れます。
どのマンションの庭園にも不気味な形状やジャックオランタン、蜘蛛の糸などが張り巡らされ、ハロインに関する全力ごとが伝わってくる。
ハロインのお天道様になると、子供たちは仮装して近所の家々を友人、「Trick or Treat?(軽食をくれなきゃイタズラやるぞ( *´艸`))」と言って近所のアダルトたちから軽食をもらいます。
日本ではハロインは最早、組織同士で仮装してストリートに出す現象と化していますね。
スウェーデンのティーンエイジャーたちはどうなのかな、と思い、土曜日の夜に通りのサンタモニカへ行ってみました。
私のいる通りはとても生地なので、ティーンエイジャーたちが固まるバーはメジャー町に2タイミングしかありません。
どちらにも行ってみましたが、誠に、思ったよりも人が少なかっただ。
仮装やるお客はもちろんたくさんいたのですが、バーには余白が際立ちました。
いよいよスウェーデンまずは依然、ハロインは子供たちの現象という意識が再び力強いのかなあという質感でした。

アットベリーについて